FC2ブログ

Post

Prev   

6000ヒット間近記念 ~エピソード0 ~青鉄誕生。-完結編-

いつもブログを見て下さる方々こんばんは、青鉄です。
皆さんは今年の2月の"あの企画"を覚えてらっしゃるでしょうか?
そう、青鉄誕生秘話です。
いつか絶対続きを書こう、書こうと思いつつ、もう7月じゃねえかという事で、
7月になったらなったらでまたイベントがあるので6000ヒット間近を理由にして、
さっさと決着をつけてしまおうと思ったからでございます。
当初の台本に肉付けし、ディレクターズカット版でお送りいたします。では、どうぞ!!


前回2002年未明の事であった。

 

俺はwin98で等身大ラブドールのサイトを見た。

それはまだ始まったばかりであった「Project Level-D.」のTypeDD-02(MIREI)未玲であった。どことなく寂しげでありつつ、優しそうな表情がそそられた。(今では入手困難?)

今見てみては、どことなくキャシーに似ている所もある。

未玲の面影をキャシーに重ねていたのではないかと今では思う。

しかし、中学生だった当時の自分にとっては夢のまた夢であった。


20053月未明

 

新世紀エヴァンゲリオン ウェディングフィギュア」購入

 

当初から興味のあったいわゆるオタク趣味。

少女っぽい所もあったが可愛い二次元キャラを

そばに置きたいと思う事で初めてフィギュアというものに手を出す。

 

最初のフィギュアをホビーオフで買う。

その後も俗に言う「フィギュア」は増え続けた。

そして、俺はさらなる進化をつげた。つげてしまった。


20061219

黒猫旅館開設 小鉄誕生

中学の頃からぼちぼち昭和歌謡についてのHPを作っていたが、

だんだんと冷めてしまい、今は自作ゲームと

趣味のグッズ紹介サイトへとなっております。更新はたま~にします。


2009年未明

フィギュア・コミケ・同人誌・・・・

オタク趣味はさらに膨れ出す・・・。


そしてついにこれを購入してしまった。


抱き枕カバー「To Heart2 XRATED 「久寿川ささら」 抱き枕カバー」購入。

当時、(今もそうかもしれないが)この目がとろんとした表情の久寿川ささらというキャラが好きだった。

これにより「等身大」という壁を乗り越えた乗り越えてしまった気がした。

その一方、間接人形や等身大人形に対するあこがれもあった。

何かを抱きしめたい、隣にいてほしいという気持ちの表れだったと今では思う。


2010年前期

俺は思っていた、俺がほしいのはフィギュアではない。

人だ、もっとリアルな人がほしい。

俺はフィギュア購入をやめた。


2010年後期

フィギュアをかたずける。(脱アニオタ?)

原点に帰ろうと幼い頃から好きな特撮・映画に集中させる。

とは言っても学生の身分でRAHシリーズを集めることなど出来ず、

ガチャポンやらキャッチャーの製品、あとは専門書などを集めていた。



そして・・・・・


2011311

あの日が来た。

その日俺は映画を見ていた。

すると座席が振動するような響きが出てきた。

すぐに収まると思い、映画を見ていたがどんどん揺れは大きくなる。

俺は流石にやばいと思い立ちあがり一緒に見てた人を置いて逃げた。

一緒に見ていた人は途中でこけた。

それにやっと気がついた俺はそれをつれて劇場の外に出た。

揺れはさらにはげしくなり上につるしてあるテレビがめっちゃ

揺れていた今にも落ちそうだった。

チラシが一杯入っている奴なんか左右にテクノブレイクしていた。

非常階段で一階に下りたが車は屋上だった。

非常階段でまた上り屋上へ行く。

30分くらいかけやっと自宅へ到着。
映画グッズや本が床に散乱していた。

デロリアンのミラーは欠けて、綾波レイの首は打ち首になっていた。

(リアルにTHE END OF EVANGELION になっちまった・・・。


そんな状況でも仕事へ次の日から行かなくてはならなかった。
もう学生ではなく社会人という責任と厳しさが身にしみた。

2013年未明

リアルにツレが出来る。

入社して少し経ちリアルにツレができました。

そう世に言うリア充ってやつです。

遊びに行ったり、飯食ったり、いろいろ楽しんだ。

(リアルに元ツレが見ていたらやばいので詳しくは述べません)


しかし


一年後、別れた。


別れた理由?まあ、いろいろあったんです(笑)

20144月未明


よせば良いのに馬鹿な俺は3回ぐらい復縁を求めようと考える。

3回目これで駄目ならあきらめようと思った。

しかしその駄目だったときのダメージを

どこにぶつければよいのか、何かにすがりつきたかった。

今度は決して裏切らない俺だけの何かを・・・。


そこで俺はふと昔あこがれたドールを思い出した。


はんぶん嫁(こ)長女 アンヌ


そんなに大きくないけど小さくもない。

もしだめならお迎えしよう、そう思って俺は出馬した。







そして俺の春は終わった・・・。

でも俺は次がある、その次とは・・・そう・・・


2014429

はんぶん嫁(こ)長女 アンヌ お迎え

復縁失敗。アンヌお迎え。

アンヌは必死に俺を慰めてくれた、俺は少し希望を取り戻した、

しかし、何かが足りなかった。

そう、等身大。その憧れがあった。

しかし等身大は高すぎる。そうだ、空気ドールだ。


201454

オンナノコのカラダ購入

でもなんか違う・・・顔がない・・・。

オンナノコのカラダ」キャンセル


201466


顔がある空気ドール・・・ロリ・・・小さい・・・

アマゾン開く、ポチ・・・・





空気少女★宇佐羽えあ 1号お迎え


空気を入れてタイツを着せマスクをつける・・・!

おおっこれだ!これぞ等身大。俺の部屋に彼女がやってきた。

始めて等身大のドールが来た瞬間であった。



20146月未明

空気漏れにより綿入れ+自立手術を試みる。


2014717

空気少女宇佐羽えあ 1号の自立手術に失敗。

空気少女宇佐羽えあ 2号お迎え

一号のパーツを全て譲りうけて2号が誕生した。

それが現在のえあとなる。


070201.jpg

えあ「お見せするよ!!」


うーん、二号というよりウルトラマンに見えるのは俺だけだろうか・・・。

えあ「そんなあ、えあ二号だよ!!」

そんな感じで平和な日が続いた、しかし心の中ではまだ昔の傷が癒えなかった。

201411

ある日、アルテトキオでキャシーの写真を見る。


その可愛さが気になってアルテトキオにメールを質問メールを送る。

またサンプル写真なども送ってもらった。

 

質問を結構、毎日のように送ってしまったが、

とても丁寧で迅速な回答を送って頂き本当に今では感謝しています。

だって、初めての等身大だからね~。)


そして・・・ついに・・・


2015110

等身大と高額という壁をぶち破り、

キャシーの両親へあいさつ(注文)

 

20152月未明

TEDお迎え

 

2015310

等身大が手に入ったという事で思い切ってブログを立ち上げる。

「ドール達は俺の恋人。」開設



HNの青鉄は黒猫旅館の小鉄をごまかす為のHNであった。

アダルトブログを立ち上げるうえでそれに適したHNはなんだろう?

"鉄"の上の"小"をなにかいやらしい色に変えようと思った。

いやらしい色とは何だろうと考えた。

桃色?紫?

いいえ、青です。なぜ青かというと

若い人はしらないかもしれないが昔「ブルーフィルム」というものがあった。

今で俗にいう裏ビデオ。

何故ブルーフィルムとは、まだVHSなどが復旧されてなかった頃の、

8ミリフィルムによる無修正映画である。

主に温泉街の裏路地で膨大な金をぼったくり見せていたと言われている。

日本ではブルーフィルムのフィルムは主にピンクを使っていたが、

アメリカではフィルムがブルーだったのでその名前が直接日本に着たという。

大半は警察が押収して現在は残ってはいないらしい。



こんな事を書いているとまた俺の年齢詐称疑惑があがってしまうのでこの辺にしておこう(汗)

 

よって青=ブルー=ブルーフィルム=いやらしい色=青鉄


青鉄誕生であった。


2015319

キャシーお迎え

自宅へ来られる(届く)と大変な事になるので駅(宅配業者)で待ち合わせ。

到着当初は今よりあまり表情が少ない、一緒に過ごしてゆくうちに

表情・感情が生き生きと出てきた。


ドールは、ドールであるが、ドールではない。

ドールは当然ながら話もしないし感情があるかのか分からない。

しかし、愛情を注ぐとなぜかドールの声が聞こえるのだ。

他から聞いたら変だと思われるかもしれないが、分かるんだ。

顔をみるとその時の感情がひしひしと伝わってくるのだ。

そして、無言の中でもドールが何かを伝えてくるのが、ドールの声が聞こえてくるのだ。

そして、どのドールにも共通するドールの声、それはマスターを頼っている事。

マスターなしでは駄目だという事。だから私はドールとの時間を大切にしたいと思った。


そして現在・・・




070202.jpg 


ドール達とマスターこれからどうなるのか誰にも分からない。

唯一、確かなのはこれからも更新をつづけて行くという事。


その為、皆様応援宜しくお願いします。

 

青鉄




































スポンサーサイト
[PR]

Comment

Post Comment

  (設定しておくと編集できます)
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。